« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/28

構造強度偽造 2

kankeizu 構造強度偽造事件が毎日TVなどのメディアで取り上げられる中、番組コメンテイターの方々の建築(確認申請含む)の関係図というものが、間違ってとらえられている場合が有り、どうにも気になってしかたがないので、通常(僕が正常と思う)の関係について描いてみました。この関係性を知らないとどこに問題が有ったのかわかり難くなってしまう。

矢印は各々の関連を示し、まず建築主・設計者・施工者という三角形(バランス)があり、相互の信頼・誠意に基づいて建築がなされなければなりません。確認受託機関とあるのは行政機関(役所など)である場合と民間機関である場合があり、どちらに建築確認申請・完了等検査申請を提出しても問題ありません。赤破線には金銭の授受がありますが確認受託機関へは申請物件の面積により各々金額が定められていて、工事代金や設計料から比べればわずかな金額です。ただし仮に確認を”通す”という名目で賄賂・圧力等があった場合には、この図以外の関係になります。もちろん行政であれ民間であれ審査に間違いが有ってはいけません。

施工者と協力施工者との関係は平たく言えば「下請」(あまり気持ちの良い言葉ではないですが)という事です。通常それがどうなっているかはあまり問題ではありません。もちろん問題の有る下請業者は使わないで欲しいという要望は出来ます。発注者は施工者(元請)に依頼しているのですから、下請の不備は元請が管理する問題です。設計者に対する協力設計者もこれと基本的に同様の関係になります。設計者として確認申請の書類の上で記名捺印するのは設計者個人只一人で、協力設計者の名前は通常ありません。

最初の三角形のどこか二つが一緒(同じ者)の場合はバランスが崩れます。例えば「設計者と施工者が同じ」場合は、機能を無視して造りやすいようにや、利益の上がりやすいように造るなど、建築に本来必要な部分や建築主に必要な部分を犯してしまう危険性があります。同様に「建築主=設計者」「建築主=施工者」という場合も、本来あるべき義務と権利がなされない場合が考えられます。同一でなくても利害関係に癒着があればこれも同じです。またお金や依頼の流れが違う場合、例えば建築主が直接に下請に金銭の授受をする、またこれ(下請)を指示し採用する(させる)場合もバランスが崩れ、正しい建築への判断がなされない可能性が出てきます。

もうひとつ問題になりうる点、建築主が建物の使用者・所有者でない場合。個人住宅であれば建築主=使用者・所有者になるのが一般的ですが、マンションのように建物を販売目的で建築する場合は建築主は使用者・所有者ではありません。このことはとても重要な事です。使用者・所有者であれば前記のような内容で建築(設計と施工)することは確固たる理由がない限り、自分の不利益になることは簡単にわかると思います。建築に対する意識・方向性がだいぶ違うのです。建築のすべてのお金の出所が建築主であることからもその性格はおわかりいただけると思います。そうした上で今回の物件を見てみると何か見えてくるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

雛鶴隧道

hinaduru 1971-2年?中学生のころのものだと思う。残念ながら詳細な時期がどうしても思い出せない。写真は雛鶴隧道付近で私の親友N君がちょっとALPS萩原慎一さんの広告写真を意識して撮ってくれたもの。

他に新芽を指さしている写真などがあり、おそらく春先に行ったものであろう。電車で笹子峠付近まで輪行して雛鶴隧道を超えて橋本まで出て、そこからまた輪行で帰ってきたという記憶がある。

hinaduru2 雛鶴隧道は良く覚えていて、トンネルの中は当然暗くあまり幅が広くないものだから、前から車など来るライトが見えると緊張したものだった。webで雛鶴隧道を調べて見ると、私が30数年前に見たものと変わらぬ形の写真を見つけることが出来た。ちょっと大げさだがグッと来るものがあったのだが、その写真のトンネルは通行止めの柵が施され現在は通れなくなっているようだ。さらに調べていくとどうやら1986年頃に新道トンネルが出来て閉鎖となったらしい。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/11/21

河原の飛行場

hikoujyo よく河川敷で草野球などをしていると、ブロロローと音がして上流対岸あたりに模型飛行機が飛んでいるのを見ていた。自転車散歩で出かけた折に、また飛んでいたのを見かけたのでちょっと行ってみた。いるいる、おっさんばっかり(笑)車が十台以上河原の細い道に並んでいる。

見ると、長さ30mほどの立派な滑走路が河原に造られていた。しばらく飛行の様子を見学させていただく。なかなかこれは面白い、まるで自分が乗っているような気分になる。やはり着陸が難しいようで、地上のパイロットは着陸体制から2度も滑走路の上を通過して、だんだんと高度を下げようやく3度目に無事着陸かと思ったら割とダイレクトにドスンと着地!した。機体にダメージはなかったようだが、パイロットは急いで駆け寄っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

構造強度偽造

千葉県の建築設計事務所が構造計算書を偽造して建築確認を受け、21棟もの建物が建築されていたことがわかったという。

馬鹿げている。絶対にあってはならないことで、建築設計にたずさわる者として「そこまでやるか!」というか、どんなつもりでやったのか?と、怒り心頭である。コスト削減だとかわけのわからない言い訳をしているようだが、最低線確保しなければならない部分を落としてなにがコストダウンか!発注者(報道ではちょっと見えない部分もあるが)はもちろん、そこを使用するすべての人々の信頼を裏切ることになった。真剣に建築(コストダウン含め)と闘っている他の建築士・建築家達にとっても大変やりきれないニュースである。

素通りさせた民間確認機関も云々とあるが、それもそうだが建築士の試験に人格・人柄なんていう項目も入れなければいけないのかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/11/17

ハンドル2005~2006

cyclemode02 CYCLEMODEで興味を持ったものを少し。

まずハンドル、結構目にする機会が多くなった感じがする「ちょっとバックハンドル」正式には何というのか、知らないが手前側に一度来てから通常のハンドルのように前に出て行くもの。写真は折りたたみ自転車に付いていたブルホン型だが、ドロップ型にも同じようなものが有るようになってきた。外国製の自転車はどうもハンドルまでが遠い傾向にあると思っている。新型の日本人でも少し、旧型の日本人はかなり遠いと思っている。街中で見るサイクリストも腕が伸びきって、無理な前傾というか「つっぱった前傾」になっている人が多いと感じている。やはり外国製品は日本人の骨格を理解して輸出してないでしょう。それとステムのエクステンションが長いほうが何となくカッコイイ!という気持ちが乗り手側に有ると思う。そんなあなたにピッタリ!というのがこの手のハンドルではないだろうか?そんなことならステムを短くすれば(いやいや本当は短いトップの設計にしてくれれば)良いのに、とも思うが短いとハンドル取付部分がゴチャゴチャしてしまう種類もあるから、これの登場となったのかもしれない。

cyclemode03 もう一つはこれ。マッドガードとチェーンケースが木製!細かく言うと合板(ベニア)で出来ている。ショーやなにかで木製自転車:フレームが木製というのは見たり聞いたりするけれど、市販には「木」を使ったものは滅多に見ない。自分の仕事柄とても親近感があった。BROOKSに木の泥除け、これって妙に合うなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

吉村順三建築展

yoshimurajyunnzo CYCLEMODEの帰りに「吉村順三建築展」に大急ぎで行ってきました。それまでにちょっと時間を使いすぎてやっとの事で閉館30分前に滑り込みました。

駆け出しのころ、吉村さんの図面集や作品集を何度も何度も見ては自分でも描いてみたものでした。吉村さんの図面は見るたびに新しい発見があります。伊豆や方々で吉村さんの作品を探して歩いたことが思い出されました。

会場の前に有った看板?は吉村山荘の実物大の断面図を木立の中に配するという粋な展示でした。この展覧会に携わった方々はじめ多くの人々に、吉村さんが愛され尊敬された建築家であったことが伝わってくる展覧会でした。

yoshimurakannban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

CYCLE MODE

cyclemode01 CYCLE MODE international 2005を見に幕張メッセに行ってきた。

東京では初めてのショーらしいが、実車に試乗できるというのが、一つの目玉だったとおもう。この時期他にも自転車ショーがあるけれど、昨今中国メーカーが席巻してきて?どうもどれを見ても違いが無いものが多く、楽しくなかった。出展メーカーをwebで調べてこちらのがワールドワイド?であったので行ってみた。メッセの展示ホール2つを使い周囲には試走コースをぐるっと巡らし、なかなかの規模でした。試乗もしようかななんて「誓約書」なるものも用意して、試乗パスももらったけれど。時間が経つとともに人出は増えてきてコース上はやや渋滞気味!とても乗って何かがわかる状態ではなかったので、試乗はあきらめ見学に徹しようとしたが…展示車が無いのです。そうでした、展示車にすぐ乗れるのです。それはなかなか魅力的ではあるが、実車が空っぽ(人気があるということですね)というブースも有ったのです。良いことは良いのだが、なんかじっくり見られない感じがしてどうも落ち着かない感じでした。

試乗車を引いた人々が多数会場内から試走コースへあるいはその逆と、なかなかの盛況でした。「どこで借りたんだっけ?」と言ってる人が沢山いたなー、皆さん楽しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

長い車載アンテナ

nhk 道路で一台のワンBOXの屋根から異常に長いアンテナが出ていた。見るとNHKと車にはあったが、アンテナの高さは8m前後あったと思う。

この写真を見せた友人達は、①受信料を払わない奴らを探してる?②実は某国の工作員が白昼堂々?③まあ無難に。電波の受信状況の確認?④目立ちたかった?、僕は⑤実は実物大のラジコンカー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/10

地震観測点

jisinkannsoku たまたま道草をしているときに見つけたもの。東大の地震観測点だった。東海大地震やら関東に大地震がという話・説は以前とてもよく聞いて、文献などからその周期など統計的には確実視されているものもあるが、ここ10年くらいそれ以外での地域の地震が多く、予期していなかったせいばかりではないと思うが、被害は甚大である。

地道な努力で研究は進められているのだろうが、ひっそりとしたこの場所とその看板の内容とのアンバランスに奥深い恐怖を感じてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/06

箱根早雲寺

sounji01

箱根湯本の金湯山早雲寺が年に一度の寺宝特別公開ということで、友人に誘われて行ってみました。我が家から近いのだけれど一度も訪れることが無く、今回が初めてでしたが行ってみて良かったという感想です。1590年に秀吉が小田原城を陥落させたときの本陣だったとのこと、静かな境内に壮大な歴史がずっしりと詰まっていることを感じさせた。

sounji02早雲寺は茶の湯の世界とも関係があり、庫裏に隣接している4帖中板付のお茶室で一服いただきました。掛け軸に千利休の師、武野紹鴎が没後450年ということで、掲げられていました。幸運にもとても空いている時間に行かれ、ゆっくりと良い時間を過ごすことが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

ALPS クイックエース

Alps-QA 自転車として最初の1台では無いのだけれど、今日まで自転車と長くつきあうきっかけを作った1台。これより前には兄のお下がりの富士自転車の10段変速、ドロップハンドルに乗っていたが、これも後から気づくとディレーラーにHuret(ユーレー)のSvelt(ズベルト)が付いていたりしてなかなかのものだったのです(残念ながらこのSveltはどこに行ったかわからないまま)。写真は30年以上たった現在のもので、オリジナルと大きく違うのはフロントキャリアをはずしたぐらい。アルミのバッグサポーターは試しに付けてみたところで、その後はあまり使っていない。

中学生のある日、東京神田のALPS自転車工業に父と伺った。入口に「スポーツサイクルアルプス」と誇らしげに書いてあったと記憶している。高いビルに囲まれた間口の狭い店であったけれど、僕はとても緊張していたように思う。当時先代の萩原慎一さんとあれこれオーダーのお話をして、体の寸法を採った。傍らではその後何かとめんどうを見てくれた石井さんというメカニックの方が働いておられた。その日から1ヶ月いや2ヶ月いやいや待つ気持ちの中では半年くらいに感じたころ、ようやく完成の連絡が有りALPSへ友人とともに受け取りに行った。萩原さんは親切に輪行(分解した自転車を電車で運んでサイクリングする事)の手順を教えてくれたものでした。初めてオーダーの自転車が出来たこととこれから先最初の輪行(つまり家への帰り道)をする事でそうとう登りつめていたと思う。神田駅でその頃は必要だった有料手荷物?の切符をドキドキしながら初めて買ったことを今でも鮮明に覚えている。

クイックエースは輪行をするために簡単に分解・組立が出来るように専用設計・工夫された最初の自転車でした。その分解方法は当時では斬新なフロントフォークを抜くという画期的な方法をはじめ、リアディレーラーなど輪行のためのパーツ選択も素晴らしく、萩原さんは大変なアイデアの持ち主だったと思います。その後、輪行はサイクリングの一つの形として定着し現在まである。これはまさしくALPSの功績だと僕は思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »