« ハンドル2005~2006 | トップページ | 河原の飛行場 »

2005/11/18

構造強度偽造

千葉県の建築設計事務所が構造計算書を偽造して建築確認を受け、21棟もの建物が建築されていたことがわかったという。

馬鹿げている。絶対にあってはならないことで、建築設計にたずさわる者として「そこまでやるか!」というか、どんなつもりでやったのか?と、怒り心頭である。コスト削減だとかわけのわからない言い訳をしているようだが、最低線確保しなければならない部分を落としてなにがコストダウンか!発注者(報道ではちょっと見えない部分もあるが)はもちろん、そこを使用するすべての人々の信頼を裏切ることになった。真剣に建築(コストダウン含め)と闘っている他の建築士・建築家達にとっても大変やりきれないニュースである。

素通りさせた民間確認機関も云々とあるが、それもそうだが建築士の試験に人格・人柄なんていう項目も入れなければいけないのかもしれない。

|

« ハンドル2005~2006 | トップページ | 河原の飛行場 »

コメント

調べが進むにつれ、建築主・設計者・施工者の三位一体の犯罪ではないか?という見方が強まってきた。行政の問題はちょっと別件として、ここでの問題は第一に建築主がイコール建物の使用者でなかったこと、設計者がどういう要請であったにせよ修正・拒否しなかったこと、施工者が常識をもち最後の関門にならなかったことではないか。

投稿: Kazuhiko_Suzuki | 2005/11/20 11:09

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 構造強度偽造:

» 1級建築士が欠陥住宅乱発8:元請け設計社長飛び降り自殺? [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. 1級建築士が欠陥住宅乱発8:元請け設計社長飛び降り自殺?読売新聞から:強度偽装の元請け設計社長遺体を発見、飛び降り自殺か 耐震強度偽装問題で強度不足が判明した神奈川県藤沢市と横浜市のマンション計2棟の設計を元請けした「森田設計事務所」(東...... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 23:32

« ハンドル2005~2006 | トップページ | 河原の飛行場 »