« 第19回ハンドメイドバイシクルフェア | トップページ | 酒匂川ふれあい館 »

2005/12/26

VSE 50000形

vse01 最新型ロマンスカーに乗ることが出来た!運行してからしばらくたつと思うが、乗り合わせたことがなかった(本数が少ない?)。外から見ればなかなかスマートで窓ガラス(ペアガラス)1枚が幅4mというのが、よりシンプルな線を出している。中はオレンジとグレーを基調にして旧型よりぐっと明るい雰囲気で、ペアの座席は5度外側に向いている。この座席外向きは何か中途半端で僕には落ち着かないものだった。シート周りはスリムになって広くなったような良い錯覚を起こさせる(電車だから絶対的な幅はそうは変えられないはず?)。肘掛仕上は木製、新幹線タイプのテーブルも木製(フィンランドバーチか?)、内装のパネルにも同様の溝付木製合板が使用されていて好感が持てた。僕がもっとも興味を持ったのが荷物棚下面に延々と設置された電球色のLEDライトだった。よく見るとその1ユニットは建築で僕もよく使うものと同様の19個一組になったものだったので、なにかより身近に、建築的に感じた。それもそのはずこのVSEの設計:トータルデザインを任されたのが建築家の岡部憲明さんだという。どおりで「カー」がとれた「インテリア」になっていたように感じたわけだ。建築っぽい手法に満ちあふれていた。ちなみにVSEはVault・Super・Expressの略だと言う、Vault:ヴォールトなんて建築学生しか知らないような建築用語だ。

vse02そういえば向かいの席に珍客が座って?いた。ミニチュアシュナウザー二匹がバッグから顔だけ出しておとなしく(本当によい子)いた。

|

« 第19回ハンドメイドバイシクルフェア | トップページ | 酒匂川ふれあい館 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VSE 50000形:

« 第19回ハンドメイドバイシクルフェア | トップページ | 酒匂川ふれあい館 »