« 乗車姿勢「ハンドル2」 | トップページ | 氷の世界 »

2006/02/01

冷蔵庫考

topw_img01_05 家で使っている冷蔵庫が壊れた。13、4年?使用しているので、しょうがないかなと思うが、冷蔵庫は待ったなしである。今回はたまたま冬場だったからたいした問題もなく、またそれだけに故障発見が遅れた。

冷蔵庫のサイズは、台所の設計にはその大きさを考慮することが必然なので、そこそこ詳しい。年々冷蔵庫の壁の厚みが薄くなりモーター類も小さくなったのか同じ外形でも容量は増え続けている。たとえば「その十数年前のもの」は250Lなのだが同じ外寸で現在なら300L以上となっている。ここまでは知っていたのだが、ちょっと色々冷蔵庫を調べてみた。

冷蔵庫のスペックには「年間消費電力量(JIS)、単位:kWh/年」が載っている。いわゆる燃費の目安で、当然ニューマシンほど良い数字になっている。この数字よく見ていくと、冷蔵庫が小さいからといって少なくなるワケではないらしい。1.3Lの車より2.0Lのほうが燃費が良いということになる?!。どうやら370~400Lあたりで逆転現象はピークを迎え。さらにそれより大型の方が消費電力が同等から少なくなり、容量比率ではその差は確実に開いてゆく。一人住まい用のようなものが一番燃費が悪い(電気代にして倍近い)なんて!。想像できるのは、大きい方が熱容量が多いので断熱効率が良さそうなのと、そこそこサイズがないと効率の良いモーターが使えない、ある程度のサイズのものはドア数が多く使用時に外気に解放される面積が少ない等だが?それにしても…意外に大きい差であった。

|

« 乗車姿勢「ハンドル2」 | トップページ | 氷の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫考:

« 乗車姿勢「ハンドル2」 | トップページ | 氷の世界 »