« ヨーロッパの伝統 | トップページ | ピグミーチェーンサジタリアの花 »

2006/05/17

赤が好き!

Hasigosya ガソリンスタンドで、先客に消防車:はしご車?が入っていた。もっとよく見たかったけれど、ちょうど燃料を入れ終わって走り去って行ってしまった。

消防車が大好きなわけではなくて、この赤色に触発されて写真を撮ってしまった。しかし「働く自動車」はとても好きです。特に機能に徹したような造りやプロっぽい雰囲気に胸躍ります。屋根に上るはしごも両側で2種類有って、かたや普通の形・もう一つはボディに折りたたまれていて、きっと使用時には手間へ倒すのでしょう。中央にはなにやら台車?が見えて下向きに折りたたまれた自転車風のハンドル:ブレーキレバーも見えて上の方はまるでフロントフォークのようだ。下におろすときはこの段差はどうするのかなー?なにか助走路が車内から出てくるのかなー?それともハイドロ何とかで車高が下がるとか…、あーきっとこの真ん中の部分だけが床が斜めに降りるんだ!そうに違いない。UFOのようだな等々想像はどこまでも走っていってしまう。

|

« ヨーロッパの伝統 | トップページ | ピグミーチェーンサジタリアの花 »

コメント

はじめまして。①上部デッキ部に上がる左側の折りたたみステップは「タキゲン製」でご想像のとおりです。②中央の「台車」は消火用のホースを収納し、緊急時に延長するための電動のホースカーで、人が乗れるタイプも存在します。「日本機械工業製」です。③「台車」を降ろすには電動の昇降装置が付いています。いわゆるエレベーターで写真で説明しますと、右側のハシゴの直ぐ左にゴチャゴチャとスイッチが並んでおりますがそのボタンとレバーを操作すると「台車」は油圧の昇降装置により台座ごとエレベーターのように地上に着地し、フロントフォークのようなものを引き上げて、今度は「台車」の電源を入れて単独で電動モーターにより走り出すわけです。速度も調整可能でバックもできます。因みに現時点では隠れて見えませんが昇降装置(エレベーター)を操作するとナンバープレートと「中央1」のパネル裏に隠れている収納庫が同時に下がり、人が登らなくとも資機材が使用できる機構です。車両は三菱ふそう・ポンプぎ装は「野口ポンプ製作所」製です。よろしくお願いいたします。

投稿: 世知瓦 良 | 2006/06/02 16:17

世知瓦 良さん、はじめまして。
すごい細かい情報ありがとうございます。タキゲンは私の専門である、建築でもよく使います。なるほど台車をおろすにはエレベーターでしたか。そういわれてみればそのような恰好に見えてきました。しかもエレベーターを下げるとそこに収納庫が出現するとは良くできたものですね。
しかし良くご存じで、ひょっとして消防業界の、しかもかなりのメカ通のかたでしょうか?
勉強になりました。

投稿: kazuhiko | 2006/06/02 21:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤が好き!:

« ヨーロッパの伝統 | トップページ | ピグミーチェーンサジタリアの花 »