« 阪神・淡路大震災から12年 | トップページ | 断熱(材入りパネル)の実感 »

2007/01/21

ALPS for ever

Alpshed

日本のオーダースポーツサイクルの草分け的自転車店ALPSが閉店すると知った。もうこの古風なスタイルのヘッドマークの自転車は作られないのです。古くは英国風のクラブマン、そして短時間で分解し輪行できるようにしたクイックエースやキャンピングのローバー、さらには日本特有の峠越えサイクリングに特化したクライマーなどALPSで作られた数多くのアイデアにあふれた名車達はいつもツーリング快適な旅への探求だったように思います。

Alpsninomiya_2 HPで閉店の事実を確認して、無性に寂しいというか悲しいというか胸を締め付ける思いがした。今日まで自転車に乗ることになったきっかけを作ってくれ、自転車を良い印象でしか僕に与えてくれなかった。そう思うと、とにかく僕のクイックエースに乗りたくなった。庭に出し、埃を入念に落して、ALPS製のサドルバッグも装着した。どこと言うことはなくふらりと二宮まで落花生を買いにでもいくかな。二宮の町はなにやらイベントでにぎやいでいたけれど、今日は良く見ようとも思わない。今日はただALPSに乗りたいんだ。ALPS、萩原さんに改めてお礼を言いたい。本当にありがとうございました。そしてごくろうさまでした。これからも大切に乗ります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Alps070127 2007.01.27追記

やっぱり是非直接お礼が述べたいと思い、閉店予定の前日お店にうかがってきました。店の中は当然ながらガランとしており、ALPSの完成車は一台もなく(予想はしていたが寂しい)壁に先代萩原慎一さんのReneHERSEがポツンと残っていた。今の店主浩さんとも閉店に至る諸般のオーダー自転車事情もお聞きした。最後に心を込めてお礼を言って店を出ました。

|

« 阪神・淡路大震災から12年 | トップページ | 断熱(材入りパネル)の実感 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALPS for ever:

« 阪神・淡路大震災から12年 | トップページ | 断熱(材入りパネル)の実感 »