« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/22

通りがかりの自転車8

Holks ハンドメイドバイシクルフェアを見に自分の自転車で来る人々は、やはりただ者ではない(笑)。僕は会場外に駐車?してあるこれら個性的な自転車達を見るのを同フェアと同じくらい楽しみにしている。TOEI、WATANABE、CHERUBIMなどなどそうそうたるハンドメイド自転車や内外ビンテージクラスが並んでいる。時には会場内の作品を上回る迫力のものも少なくない。そう感じるのは、どうしてか?考えるにやはり自転車は使って(手を掛けて)ナンボのところがあって、彼らはそのオーダーした人や手を掛けたオーナー一人一人の個性をも反映しているのだ。みな活き活きとしていて嬉しくなる。

そんな中で僕の好みのタイプを一つ。質素な白いカラーに赤色ロゴの「HOLKS」横尾双輪館:なんとも歴史を感じる屋号!:のオリジナルだ。マッドフラップ付の黒いプラスチックガード(ブルメル?)仕様のクラブマンスタイルだが、ソローニュ?の小型フロントバッグに赤いバーテープがとてもマッチしていると感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/02/19

A型インフルエンザ

不覚にもインフルエンザに感染し寝込んでました。ちょうど一週間お休みして、やっと今日から社会復帰しています。先週の日曜夜から発熱し、38度+の熱にうなされて、翌月曜は祭日、翌々日の火曜にやっと病院に行きインフルエンザテスト(鼻からコヨリのような物を入れ…)を受けて「確定」となった。

         Tamihuru

帰り道には「タミフル」を5日分もらって帰宅となったが、医者の説明はなかなかハッキリしていて明快と感じた。インフルエンザであれば無理に解熱等するのではなく、専用薬でウイルスが爆発的に増えるのを押え、熱で残りのウイルスを自力で退治する。おおまかそのような説明であった。ボーとした頭にも意図が伝わった。ではまだまだ熱は続くのだ!と覚悟していたところ、熱はそれから早々に下がりはじめた。しかし、激しい頭痛と吐き気などの症状がぐるぐると微妙に位置を変え(そんな感じ)続き、ようやく昨日頃から「普通」にフトンから出られる状況になった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/02/10

「土」屋根

Tutiyane

たぶん、この屋根にはトタンの波板が葺いてあったはず?強風でも吹いて飛ばされたか、それとも解体途中か。いずれにしても、良い物が見られた。使われていたかどうかわからないが農業用倉庫(みかん?)だと思います。土がびっしり敷き詰められていて、それがずれるのを防ぐように横向きに桟木が渡してあり、桟木には釘の頭がポツポツ見えます。建物の重心を上げるのは、耐震上はお奨めではないものの、これは断熱材として使われているのだと思う?屋根への日射→倉庫内の温度上昇を緩和するために。断熱材は時代によって種類を変えて、これはどこにでも有る(有ったという過去形が正しいか)もっとも身近な材質だったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/05

通りがかりの自転車7

Masitawn 神田は閉店前日ALPSの前、歩道にて。オーナーは店内でクラシックパーツの最後の在庫達を食い入るように物色していました。若いオーナーはこの美しいロードレーサーMASIを街乗りに仕立てて楽しんでいられた。

MASIは創業1926年、ミラノの有名な競技場ピスタヴィゴレッリのトラックの下に有るという(行ったこと無いので良く知りません)。金色がかったシルバーにイエローのロゴが冴える、とても丹精に作られたレイノルズ531フレーム。クランクは旧い鉄製3ピンのカンパ、リアディレイラーも鉄レコか?フロントはたぶんグランスポルトスライド式。サドルとバッグはBROOKS、ハンドルはアップターンバー(メーカー?)。この自転車を印象付けるのは、めっきり見ないビキニフェンダー、たぶんブレーキが汚れるのを防ぐ程度しか役には立たないが、これだけでだいぶ雰囲気が出る。それとクラシックなテールライトこのMASIには合っている。ブレーキレバーをもうちょっとクラシカルな雰囲気のものに替えられればベストかな?やっぱりここまで「街乗り」風になってくると、古風とはいえチェーン・ギア廻りのスパルタンな感じが気になります…、と勝手な通りがかりの者のつぶやきです、お気になさらずに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/02

いいかげんにしようよ!

「不都合な真実」の反響を見るまでもなく、気候や生態系いや地球自体が相当ゆがんで来ているのに、どこまで気づかないふりをするのかなぁ?経済優先の名の下や人間のわけのわからない利便性・快適性?で何かを決めるのは、終わらなければならないのですよ。人間が引き起こすことも自然だ、という考え方も有るかもしれないけれど、自殺行為は果たして皆(他の動物・生物までも)の望むところか?

余談:ある国の地球温暖化対策が、宇宙に鏡を浮かべて太陽の光を反射することだという。いいかげん気づいても良いのじゃないか。そんなに人間は偉くないよ。壊したら直すのが礼儀ってものでは。

こっち「ダーウィンの悪夢」もちょっと違う社会問題含みがメインだけれど、根本は同じ問題だ。 いろいろ考えてものが食べられなくなってしまう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »