« 通りがかりの自転車7 | トップページ | A型インフルエンザ »

2007/02/10

「土」屋根

Tutiyane

たぶん、この屋根にはトタンの波板が葺いてあったはず?強風でも吹いて飛ばされたか、それとも解体途中か。いずれにしても、良い物が見られた。使われていたかどうかわからないが農業用倉庫(みかん?)だと思います。土がびっしり敷き詰められていて、それがずれるのを防ぐように横向きに桟木が渡してあり、桟木には釘の頭がポツポツ見えます。建物の重心を上げるのは、耐震上はお奨めではないものの、これは断熱材として使われているのだと思う?屋根への日射→倉庫内の温度上昇を緩和するために。断熱材は時代によって種類を変えて、これはどこにでも有る(有ったという過去形が正しいか)もっとも身近な材質だったのでしょう。

|

« 通りがかりの自転車7 | トップページ | A型インフルエンザ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土」屋根:

« 通りがかりの自転車7 | トップページ | A型インフルエンザ »