« 食うか・食われるか | トップページ | 久々の再会 »

2007/06/22

NewCycling2007.07号

Nc200707_1 NewCycling誌7月号が届いた。1970年頃には良く在った懐かしい雰囲気の表紙なのでとてもうれしくなった。中身もツーリング用自転車が走り回っていて、なにか時代錯誤してしまいそうでした。

NC誌(略してこう言います)は1968年くらいから1972年くらいまで読んでいて、そこからしばらく自転車冬眠期間を経て1988.10月から再開し現在まで欠かさず読んでいます。再購読からしばらくして、古いNC誌を処分してしまったのを後悔したものでしたが、後にCDという形で創刊から再購読までバックナンバーを手に入れることができ、少しほっとした思いもありました。

ある時期(2000年前後か)自転車嗜好の変化からか編集の方針変更?や運営の失敗?から多くの読者を失い、ページ数も激減し価格高騰、加えて書店販売なし等々、諸々の悪条件にもかかわらず今日まで誌が存続するのは、引き継いだ編集者の熱意もさることながら、黙って支えているリアルマニアの読者たちであることは間違いありません。そう書く自分もその一人ですが。上っ面じゃない情報それも古物や伝統的?な部分+趣味の話というのはなかなかこの世では商売にならないようです。細々とでもよいので、なんとかがんばってもらいたいと祈るばかりです。

そういえば1970年ころには、関西系で「旅とサイクリスト」なんていう本も手に入れて読んでいました。うーん失ったものはやはり大きいな。

|

« 食うか・食われるか | トップページ | 久々の再会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NewCycling2007.07号:

« 食うか・食われるか | トップページ | 久々の再会 »