« 富士吉田市 歴史民族博物館  | トップページ | 酒匂川ポタリング »

2007/09/23

ル・コルビジェ展

Villasavoye_2 閉展日の前日にやっと滑り込んだ。いろいろ話題を呼ぶ六本木ヒルズの森美術館である。久々に来た六本木は「格差社会」を忘れさせるというか思い知らされるというか妙な雰囲気に充ち満ちていた。それはともかく展覧会はとても良かった。とくに最近建築家の展覧会では多い-実物大模型-集合住宅マルセイユ・ユニテのアパート内部はメゾネット形式の1戸分をまるまる再現してあり、なかなかの迫力で見所であった。なんども入って見学体感してしまった。全体の質感はややわからなくてもスケール感云々は十分に伝わってきた。また『住むための機械』も住居に機械呼ばわり?という文字から好印象を持たない方もいるが、最小限の必要要素を見極め成立させる重要さを再度確認した。

展覧会後に見た六本木ヒルズ展望階の水族館はやけに陳腐に感じてしまった。

写真は秋山東一さんご推薦の「Villa Savoye」である。コンパクトな書籍だが写真も美しく、とても読みやすい(見やすい?かな)良くまとまった良書だと思う。バナナブックスISBN978-4-902930-12-2

|

« 富士吉田市 歴史民族博物館  | トップページ | 酒匂川ポタリング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・コルビジェ展:

« 富士吉田市 歴史民族博物館  | トップページ | 酒匂川ポタリング »