« 通りがかりの自転車9 | トップページ | CYCLE MODE 2007 »

2007/11/11

防災訓練2007

Bousaikunren 地域の防災訓練があった。あいにくの天候で、予定のスケジュールはこなせなかったが、消火器の使い方を消防団のみなさんからレクチャーしていただいた。手順は以下の通りだ。

まず周りに知らせる、大きな声で「火事だー、火事だー」→火元の約5m前まで消火器を持ってセット完了→消火器のピンを抜く→ホースをはずし必ずホースの先端近くを持つ(根本を持ってしまうと狙いが定まり難い)→さらに火元の約2m前まで近づきレバーを握って消火(力の弱い方は床や地面に置いてレバーを押し下げる)→消火は手前から火元に向かって掃くようにかけてゆく、火や煙を狙わずにかならず火元に向かってかける!→消火。

人の背より高い火の場合は、消火せず逃げる!、その際その部屋のドアは必ず閉めてから逃げる。

消火器は加圧式消火器(中に加圧用のボンベがあってこれに穴を開けることで噴射、粉末消火剤が多い、一度出したら止まらない)と蓄圧式消火器(消火薬剤とともに加圧用の窒素ガスが入っていて、レバーを握ると噴射する)の2種類ある。噴出時間は約15秒。消火器の耐用年数は8年、古くなって特にサビが有るものは危険!加圧ガスの力によって消火器が割れそれによって死に至った事件も有った。消火器の置場は「玄関付近」が良い、外部の人にもわかりやすい位置が都合がよいのだ。自転車のMIYATA(宮田工業)は消火器のメーカーでもある。

|

« 通りがかりの自転車9 | トップページ | CYCLE MODE 2007 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災訓練2007:

« 通りがかりの自転車9 | トップページ | CYCLE MODE 2007 »